バックナンバー
  • トップ /
  • 知っておきたい葬儀の流れ

しっかり準備して葬儀を行おう

葬儀の流れとしてまず故人の亡くなった場所を葬儀社に連絡することから始まります。病院で書いてもらう「死亡診断書」が後に必要になってくるので用意しておきましょう。故人が逝去後24時間は法律によって火葬することが出来ません。そのため、連絡した葬儀社に車を用意してもらい、搬送先に移動して遺体を安置します。もし自宅にスペースを確保できない場合は、専用の安置所に搬送しましょう。遺体の搬送が終わると、葬儀社のスタッフと打ち合わせを行います。この時、事前に用意しておいた「死亡診断書」を渡して、死亡届や火葬許可証などの手続きを行います。そして遺体を清め、死装束を着せ終わると納棺を行います。このとき、個人が好んでいた品など一緒にいれたいものがあれば準備します。この一連の流れを得たあと、通夜を行います。まず準備として喪主は開始の2時間程度前には会場に赴き、弔問客を受け入れる準備を行います。役割や段取りを確認し、芳名帳や筆記具といった必要なものは用意しておきましょう。受付を済ませたら僧侶が到着するとお通夜は開式します。読経と焼香が済むと閉式します。閉式後は通夜振る舞いの流れに移ります。この流れが終わったら葬儀、告別式の準備を行います。閉式までは通夜と同じですが閉式後は出棺を行います。火葬場で遺体を火葬し、遺骨を骨壺に納める「骨上げ」を行います。これが終わると僧侶が読経を行う還骨法要が行われ、最後に僧侶やお世話になった人たちを招いて精進落としを行い、全ての流れは終了です。

↑PAGE TOP