バックナンバー
  • トップ /
  • 葬儀の準備をスムーズに行うには

希望の葬儀プランを決めておく

人が亡くなった時は、普通葬儀を行います。身内が高齢であったり闘病中であったりなど、ある程度覚悟している場合もありますが、突然その機会が訪れることもあります。その場合、遺族は気持ちを落ち着かせる間もなくたくさんのことを決め、準備し、手配しなければなりません。よくわからないまま葬儀業者に任せてしまうと、希望通りの内容にならなかったり、最初に提示された費用より高額な料金を請求されたりと、後悔することになりかねませんので注意が必要です。葬儀が必要になった時落ち着いて準備ができるように、心配な人が身内に居る場合でもそうでない場合でも、事前に通夜や告別式について決め、信頼のできる葬儀社選びをしておくことをおすすめします。どのようなお葬式がいいのかをまず決めておきましょう。最近では、一般的なやり方で行う一般葬の他に、家族のみで行う家族葬や、通夜式を省略して告別式のみ行う一日葬、通夜式も告別式も行わない直葬など、多様化しています。さまざまな形式の中から合ったものを選んでおきましょう。亡くなった時は誰に連絡するのかの一覧も準備しておきましょう。家族葬は家族や親しい親族のみで行いますので、どの範囲まで参列の連絡をするかも決めておく必要がありますので、注意しましょう。そして葬儀社を選びます。見積もりサイトなどを活用して複数の業者を比較検討しましょう。料金やプラン内容だけで決めてしまうと、実際にお願いしたら良い業者ではなかったということがありますので注意しましょう。気になる業者を実際に訪れて相談することをおすすめします。係員の対応などで、ある程度信頼できるかどうかは判断できるでしょう。

↑PAGE TOP