バックナンバー
  • トップ /
  • 葬儀スタイルの種類には

種類豊富な葬儀スタイル

葬儀とい一言でいっても様々なスタイルのものがあります。よく行われているスタイルとしては一般葬と家族葬があります。一般葬とは、最もなじみが深い形式で一般会葬者を含めて行う葬儀を指します。家族葬とは基本的に身内だけで行うもので、近年注目を集めているスタイルです。このほかに通夜や告別式を行わずに火葬のみを行う直葬や、無宗教葬の1つで読経の代わりに音楽を流す音楽葬、亡くなる前に行う生前葬や遺骨を墓に埋葬しない自然葬といったものがあります。

葬儀をあげるための費用

葬儀をあげるための費用としては、180万円~220万円くらいが平均してかかると言われています。常に手持ちの資金として200万円くらいを持っておくべきと言われているのは、お葬式のための費用という意味合いが強いです。お葬式は原則として親などが死亡した日の翌日に行いますので、時間的な余裕もありません。近年では、火葬のみを行う小さな葬儀も増えているようです。お金がない人でも、死亡した人を放置せず、小さくても良いのでお葬式をあげましょう。

↑PAGE TOP